2007年06月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7

・茅の輪くぐりの儀式は、加納では禊( みそぎ) といわれ、6月30日に氏神様であ
る加納天満宮で行われる。罪・穢(けが)れが祓われるという。
・上記の茅の輪など、加納には伝統行事が残っていて、特に夏にお祭りが多い。
写真のような天満宮から配られた紙に自分の身体の具合の悪い所などマークし、息を吹き込んで、この'''
お祓いの場へ持っていきます。紙を置いて代わりにお米を手のひらに頂いてきます。お米は炊き込んでいただきます。
料理は、禊祭りに因んで、大きな手籠に茅の輪を取り付けて、料理を盛り込んでおすすめします。
短冊に、『水無月の夏越の祓いする人は、千歳の命延ぶといふなり』という歌をしたためています。

イメージ 1


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


イメージ 1


イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

イメージ 6

イメージ 7


↑このページのトップヘ